ホーム >>春のイチオシ情報、歳時記

春のイチオシ情報、歳時記

如月祭(きさらぎ)
如月祭

重蔵神社の氏子で数え48歳と49歳の男達によって行われる祈念祭。お当祭りともいい、県の民族無形文化財に指定されているものです。3月1日にお当神様を当屋に迎えてから7日間で諸行事を展開。黒紋付で口に白紙の三角マスクを付け、終始無言でとり行われる神秘的な行事です。3月1日~7日 輪島市河井町重蔵神社(0768-22-0695)


おしはら祭
おしはら祭

輪島市町野町佐野の八幡神社で行われる祭事。拝殿の床に「けやき板」を並べて各家長が着席し、五穀豊穣・無病息災を祈念し、ひたすら「けやき板」を叩き続ける「七きばりの祭事」を行います。一気に17回叩いて「一きばり」、それが7回で「七きばり」です。3月3日 町野町佐野輪島市観光協会(0768-22-6588)


イサザ捕り
イサザ捕り

その年の気候によって開始時期に多少のずれはありますが、3月中旬頃から輪島の春の風物詩「イサザ捕り」が始ります。イサザは白魚に似たハゼ科の一種で、体長3~5cmの半透明の小魚。味は良く、吸い物、てんぷら、卵とじのほか、酢醤油を使っての踊り食いは格別で、輪島の名物料理となっています。3月中旬~4月中旬輪島川輪島市観光協会(0768-22-6588)


曳山祭
曳山祭

高さ5メートル以上もある総輪島塗の豪華な山車を、厄年の男衆や子供たちが曳いて市内を練りまわる盛大なお祭です。神社ごとのさまざまなイベントもおこなわれ、市民や観光客でとても賑わいます。4月4日~6日鳳至町内河井町内住吉神社(0768-22-0656)重蔵神社0768-22-0695)


競歩輪島大会
日本陸上競技選手権50km競歩大会

日本陸上競技選手権50km競歩大会 「全日本競歩輪島大会」開催日:4月16日に開催される競歩輪島大会は、能登輪島のさくら満開、その桜の下で毎年開催される恒例大会です。ようやく能登路に春を告げる競歩大会。


鳳来山公園の桜満開
鳳来山公園の桜満開

当館の前方に見える鳳来山(ほうらいざん)公園は、日本海を真下に望み、山頂までの道沿いには四季折々の草花や季節の野鳥観察に、海沿いの散策のコースとして最適。地元では春の花見のシーズンは多くの人手で賑わいます。4月中旬頃は桜満開で見頃。


一本松公園の桜満開
一本松公園の桜満開

ここ輪島の一本松(いっぽんまつ)公園のソメイヨシノの桜は、石川県でも、奥能登屈指の花見の名所として有名です。海辺の輪島の街中をおおい隠すほどの桜の本数です。一面、桜色に包まれ、ほのかな甘い桜の香りが海風にのって漂ってきます。4月中旬頃が見頃。


天神山の桜満開
天神山の桜満開

能登半島の先端、輪島には桜の名勝がたくさんあります。毎日お花見弁当を持参して、各花見所を回っても飽きることがありません。桜を背景に、必ず後方に能登の春色の空と海(日本海)を望むことができます。これも古よりの大陸と日本海の歴史を感じさせます。4月中旬頃見頃。


善正寺しだれ桜
仏照寺の桜満開

当館の檀家寺のワラビノ(美谷町)善正寺(ぜんしょうじ)のしだれ桜は、数百年の歴史を感じさせる桜の樹木です。輪島市内より国道海沿いを車で15分程走り、ひなびた漁村をぬけ、正面の遂道手前を左折し5分ほどの小高いアテ林の中にあります。みわたすかぎりあたり一面、桜の花が目に飛び込んできます。4月中旬頃見頃。


仏照寺の桜
仏照寺の桜満開

輪島は、やはり湊町として発達し日本海交通の盛んなころより、北前船などによって、仏教と桜が運ばれてきたのでしょうか。仏照寺の桜は輪島を代表する銘木です。空一面のさくらの花は、失われつつある日本の心そのものです。4月中旬頃見頃。


合同年季明け式
輪島塗合同年季明け式

輪島塗の職人として一人前になる儀式。親子固めの盃を交わし、晴れの門出を祝います。塗師屋によっては1月4日にやるところもありますが、最近はこの日に合同でやるところが増えています。4月10日輪島市内輪島漆器商工業組合(0768-22-2155)


水芭蕉満開
ミズバショウの花

サトイモ科の多年草で湿原に群生し、鮮やかで大きな緑の葉のかげに、真っ白で清楚な花をつけるミズバショウ。三蛇山山頂近くの湿地帯に約4,000株が群生しており、この群生地保護のため、林道路線の計画変更をしたほどです。市の花であるこの花は、市の天然記念物に指定されています。4月中旬より輪島市三蛇山


御陣乗太鼓実演開始
名舟御陣乗太鼓(なぶね)

春の観光シーズンに入ると、輪島市観光協会、曽々木観光協会主催の本場御陣乗太鼓、いよいよ無料実演が始ります。4月下旬より輪島市文化会館輪島市観光協会(0768-22-6588)曽々木観光協会(0768-32-0408)


輪島エコロジーキャンプ場
輪島エコロジーキャンプ場

赤崎地区にある眺めのよいキャンプ場。自然の中で楽しくことを基本としたオートキャンプ、テント、デッキの各サイトが整備されています。駐車場、管理センター、ふれあい広場、体験広場、遊歩道よりの日本海に沈む夕日は最高。4月1日~10月31日輪島市漆器観光課(0768-22-1146)


ワカメ干し
ワカメ干し

輪島沖の七つ島で採取された天然ワカメの天日干し作業が5月初旬に行われ、初夏の風物詩として親しまれています。ウェットスーツを着込んだ海士町の海女さんが、まだ冷たい海底へ潜り手掴みでとり、2日間ほど天日で乾燥。干しあがったワカメは朝市で売られます。5月初旬より輪島市輪島市漁業協同組合(0768-22-1485)


高州山山開き
高州山

奥能登の最高峰567メートルの高州山は、古くから外界航路の目標であり、また信仰の山として知られています。8日午前10時頃に山頂で、午後1時頃麓でそれぞれ一ヶ月遅れの花祭りと山の安全を祈る祈願祭が営まれる。明治中頃から漆器の繁栄と共に盛んになり、民間のレクレーションとしても結びついてきました。5月8日高州山神社(0768-22-1678)

詳しいご案内

インターネット予約